ikemenkaeru’s blog

メンヘラの考えが纏めてあるところそして 常識的価値観を持つ人たちが知るよしもない世界を見て面白がってください。 クソするにも暇な毎日が優越感に浸って過ごせるような日に変えてくれるクソです。

面接の予定ない

バガボンドよみたい

オモコロの最新記事でバガボンド出てた

ヒロアカのラジオ聞きながら手持ちぶさたでオモコロ見ててバガボンドを何の気なしにググったら、記事にあったように連載が不定期らしくそれについた個人のブログ?記事が出てめっちゃ雰囲気が分かりやすい良い記事で書いた人は自分なりの思いや知識による考察理路整然な書き方が得意なんだなと思いました


ヒロアカの公開収録が音泉に公開されたので聞きました

死とのせめぎあいでした

私は顔がちょっと歪んでて、特に口がへの字に曲がってしまうのが癖で真っ直ぐしてるよう気を付けたりお風呂場で口角が常に上げた状態にするためのトレーニングをしてるんですが最近忘れてることを今思い出しましたが半年ほど期間があいてるな、それが常に口角が上がってましたラジオを聞いてる間は



口角が上がるコツに気づけたので今日は良い日でした

フェスフェスフェスフェフフェフフェフ

フェスってなんですか

フェフねぇさん「フェフフェフ」で名前自体は知ってる

あれでしょ?なんかタオル首に巻いて「今日は思いっきりはしゃいじゃおう!みんな仲間!サイコー😃⤴⤴」って汗だくになるほどenjoy度アップしていく



こんな汚いイメージが今日でちょっと変わった






社会性の低いヒラエルキー自虐風漫画

ワシああゆうのめっちゃ好き

フェスってのは暗い自室に引き込もって音楽一年中聞きまくってる根暗が唯一外出で楽しむことを許される祭り

みたいなのあって(雰囲気はこうですが、文は全く違う)


音楽好きってじめっとしたヤツ多いんやと窓が開いたようにスッキリした気持ちになった


その漫画ではキラキラしたパリピ勢に侵略される危機感を表現していた感じだったが
そもそもフェスは私が思ってたような明るいハッピー野郎の震源地ではなく、そいつらは侵略者だった




確かに、ミュージシャンの初期の曲は暗い感じの曲が多い

でも自室に引き込もって音楽聞くようなヤツのためにあるとは思ってなかった



音楽は私みたいなしょげたなよなよしさが遺伝子に組み込まれたようなヤツのためにあったのか


悲しいことは誰にでも持ってるもんだし限定される聞かれ方は珍しいんじゃないか、ハッピー勢もラットのG行為義務教育じゃないのか



フェスに行きたくなりました!

私みたいなヤツが行くべきだと思いました!







この前の大阪ライブから長時間足に負担がかかると痺れることが多い


フェス行きたくない

嵐の前の静けさ

見学行ってきた

「見学だから履歴書要らないよな」と一般感覚でいう寝坊の状態で書く時間がない事実をはぐらかした

いや、履歴書を書か無くていいのにわざわざ早起きすれば無駄になる時間があっただろう寝坊じゃない









正直言って見学の事より1日の終わりに起こった事件の方が色濃く記憶にあるから、あんま覚えてない


その事件は後に書く






見学は10分ぐらいで終わった

朝御飯食べる時間が無くて焦ってたけど、帰ってから食べれる事をちょっと信じた方が佳かったぐらい
短い出来事だった


私は社交辞令な会話ができない

天気や最近近所で起きた出来事の話ができない

私が好いてる人なら弾むが、初対面や興味ない人とは完全に何を話せばいいかわからない



義足の工房に入るとき何言いながら入るのかわからなかった


とりあえず目があった明るそうなおばさんに挨拶した


次履歴書渡しに行くんだけど何言いながら入るのかいまだ正解でてない




うちは汚いからね~綺麗にしようとお仕事頑張ってるのよ~と話を振られたが何返せばいいかわからない

汚いですか?私はわからないですってゴモッた感じに言ったかも

石膏やレザーを扱うのでおばさんがヨゴレと呼ぶものは全部真っ白で、汚くは見えなかった

白いので全く汚く見えませんと答えるべきだったかもしれない

おばさんの自虐は、私も受け入れますよと相手の懐所に入るチャンスだったかもしれないが、深く考え込んでしまってすぐ返しができなかった


これから働くときどうしよう
話すより仕事できればそれ以上はないだろうが
練習なんて聞けばいいんだろう


すみませんお時間ありますか?

作業中失礼します

わからない所があるんですが、今大丈夫ですか?


いっぱい候補があって何言えばいいか分からなくなる




納期がありみんなで協力して作業するらしい



おばさんと今後の予定を話して帰った










今日は酷い便秘だった

便秘の人はよくいるが、寧ろ一般的だが
今日、今週、今月、今期で一番苦しんだのは私だろう

二時間半トイレで頑張った

時間かかりそうだと気にし始めてからからの体感時間なのでもっと掛かってるか、それぐらいか不確定


出そうで出ないって辛いよね

いつもならこの感覚がきた次に、支えの糸を切ったように流れ出るんだが今日は全く違う

全然出ないし

いつもの感覚は寧ろもうちょい頑張れと応援に思えてくる

「もうちょい頑張れ」に唆されもうちょい頑張った結果

中途半端な中退しようにも収まりがワルイ状態になった


そこからが長かった


途中何度か狂った

「なんでなんでなんでなんでなんでどうしようどうしようどうすればいいの」イライラを太股に叩き込みながら

目の焦点も合わなくなってたしヤバイ




オカンが薬渡して、問題のものは出すことができました



そのあと風呂ついでに血が出てないか確認したんですが
見たことあるような色素沈着、周りが黒い

ゲイがツイッターで出会いの為に動画をあげてる
そのケツと似ている気がする

開発されてる

バイトの面接

明日イヤでも行かなくちゃ行けない用事がある

全然イヤじゃないんだけど寧ろ大好き!カムヒアって感じだけどその描いた妄想の分事実知ったとき打撃食らったもしもの為に今日このblogをかく


絶対明日blog書くだろうし始まり方は絶対「今起こったありのママをここに書くぜ ~ 何を言ってるか理解できないだろうが 俺も理解できていない」になると思う絶対




つまり 今日のblogは嵐の前の静けさだったって訳だな

お母さんお母さん

最近お母さんを気にしなくなった

一人の時間が多いからだろうけどな


しがらみが外れたように心がかるい

きっかけは特にない

溶けたって表現が合う

面倒ともいうかも



だからスッキリしたとこで、仕事みつけたい


義手義足のバイトに応募した

これまで三つのバイトに落ちたりバックレたりしてる

義足のバイトの電話は出たい

私は社会人の世界に片足を突っ込んでる

バックレをTwitterエゴサして安堵した

バックレを肯定したあと、かかってきた電話にビビった

うまく言えてもここに書きたくないが、うまくやっていこうと思う

書いたものは成功しない為の理由になりそう








男性がセクシーな躍りをするショーがあるらしい
理解が深い友人と観に行きたい

大阪の発掘、遠出だからそこが居住地であるネット友達と一緒にしたい

妹の彼氏のせいで妹が泣きますように





悪口は言うべきでない、心が荒む

しかしこれは本心で相手を傷つけようとして言った虚言じゃない

そのうえ、本人に伝えず知られる可能性が最も低い場所で発言している

だから大丈夫(なにが)


でも本当にこうなって欲しい、私的にはこうなるのは事実だ

でも妹はあの人の子とを優しいと言っていた

私と妹がいる場所は幸せな場所に比べると苛酷だが、不自由は特にない

彼氏は妹によくしてるから、優しいと惚れ好いてるのかもしれないが



私は一度も彼氏ができたことはない

好いてる人はいたらしい

私は全員嫌いだ



よくモテる好かれる子は性格がすごく良い

私はああなりたくない

一人が好きだが、一人は寂しい

ああなるまでの努力が嫌い

運に恵まれ良い環境にいれるのも嫌い、そうなれば死ぬ


九月から学校に行かないといけない

私は趣味のために頑張ろうとしているが
今死ねば学校に行かなくてもいいし、趣味はどうでもよくなる

葬式が開かれ、嫌いな親戚が醜く泣く様子を見るのも楽しいかもしれない

掃き捨て場【自分用】

頭わるい考えです
私用に書くので、人が見る場合言いたいこと5%も伝わりません



同人誌を買うべきか

あれは二次創作であるが、本誌キャラでないので
同人誌作品の方が情報量が多い

あと、そのcp好きだ

cpは二次創作の産物であるので本誌がどうあれ
公式で私がホモを感じるものはない

妄想である



同人誌をなぜ買うか

妄想を深め楽しむ

私は思い返せば妄想をあまりしてない

同人誌はニヤニヤするためにある

妄想を展開してない、同人誌は糧になってない

生産性があるなら買ってよかったと思える
ジャンルにも貢献できる


作者に感想も送れないチキン

貯まった同人誌を読み返す度思う
私はこの作者に気持ちを伝えたい

どれほど好きか

でも必要ないことだとも思う

どうやって伝えるかわからない

作者は買って貰うだけでも嬉しいと思う
在庫が余れば困るし自分の好きなものを他人にも共有できるのもスゴいし、嬉しいいんだろうなと思う

感想を必ず送る必要はない

これが商業だと悩んでない

多分、作者と購入者の距離が近いから起こる問題だ

感想を送れるチャンスがある、私は感想を言いたい



同人誌が増えるほど、私の苦悩も重くなる






ひらめいた


頭に銃口突き立てられながらだと感想お手紙捗るかも

私は感想を書きたくない

部屋に積められた同人誌を見ると心が痛む


殺す勢いで急き立てられたら、それを盾にできる